『梅雨』を彩る和風の美しい言葉一覧 46種類 – 日本の季節を感じる梅雨の風物詩

『梅雨』を彩る和風の美しい言葉一覧 46種類 - 日本の季節を感じる梅雨の風物詩 美しい言葉
スポンサーリンク

梅雨は、湿気と雨が特徴的な日本の初夏の季節です。この時期は、時に詩的で美しい自然の表現が多く見られます。『梅雨』を表す和風の美言葉には、自然の変化を繊細に捉え、季節の情緒を色濃く反映したものが数多く存在します。ここでは、梅雨の時期に使われる、心を動かす美しい言葉を一覧で紹介します。紫陽花(あじさい)の鮮やかな色彩や、雨に濡れた静かな風景が思い浮かぶような、梅雨ならではの和風表現を楽しんでください。

スポンサーリンク

『梅雨』を彩る和風の美しい言葉一覧

  1. 青梅雨(あおつゆ)
    初夏に見られる梅雨の初期段階を指す。比較的雨が少なく、青々とした植物が特徴。雨上がりの新緑が輝く風景は、心を洗うような爽やかさを感じさせます。
  2. 荒梅雨(あらづゆ)
    非常に雨が多く、荒れ模様の梅雨。激しい雨風が続く日々は、自然の力強さを感じさせ、時に恐怖すら抱かせます。
  3. 梅の雨(うめのあめ)
    梅の花が咲く時期に降る雨。春の終わりごろ、梅の花びらが雨に濡れて一層美しさを増す風景は、静かな春の終わりを告げます。
  4. 送り梅雨(おくりづゆ)
    梅雨の終わり頃に降る雨。梅雨明けを告げるこの雨は、夏の到来を感じさせる新たな始まりの兆しです。
  5. 返り梅雨(かえりづゆ)
    梅雨が明けた後に再び訪れる雨の期間。一度晴れた後に降るこの雨は、再び湿気を感じさせ、夏の訪れを少し遅らせるかのようです。
  6. 空梅雨(からつゆ)
    ほとんど雨が降らない梅雨のこと。空が晴れている日が多いこの時期は、梅雨特有のしっとりとした風情が少なくなります。
  7. 涸梅雨(かれつゆ)
    乾燥した梅雨。雨の量が非常に少ない。乾燥した空気とともに、植物たちは水を求めているかのようです。
  8. 薬降る(くすりふる)
    植物にとって有益な雨。作物の生育に役立つ雨。しっとりと降る雨は、土に恵みを与え、緑が一層生き生きとします。
  9. 五月川(さつきがわ)
    五月(旧暦)に増水する川。梅雨に由来する。川の流れが勢いを増し、自然のダイナミズムを感じさせます。
  10. 五月曇(さつきぐもり)
    五月(旧暦)の曇りがちな天気。梅雨の曇り空を表す。重い雲が空を覆い、静かな雨が降り始める前の穏やかなひとときです。
  11. 皐月波(さつきなみ)
    五月(旧暦)の海や川の波。梅雨時に見られる波立ちを指す。波が高くなるこの時期は、海の力強さを感じることができます。
  12. 五月晴(さつきばれ)
    五月(旧暦)の晴れ間。梅雨の合間の晴れ。雨が一時的に止み、青空が顔を出す瞬間は、心が解放されるような爽快感をもたらします。
  13. 五月雨(さみだれ)
    初夏に降る長雨。梅雨を指す古語。しとしとと降り続く雨は、静かな時間が流れるような感覚を与えます。
  14. 神水(しんすい)
    神聖な水、または神が降らせた雨。豊穣をもたらす雨。この雨が降ると、農作物が豊かに実ると信じられています。
  15. 筍梅雨(たけのこづゆ)
    筍がよく育つ梅雨の時期。雨が土に浸透し、筍が次々と顔を出す風景は、生命力に満ちています。
  16. 梅雨入(ついり)
    梅雨の始まり。空がどんよりと曇り、しとしとと降り始める雨が、梅雨の到来を知らせます。
  17. 梅雨(つゆ)
    6月から7月にかけての湿度が高く、雨の多い季節。雨が降り続くこの時期は、湿気が空気を包み込み、しっとりとした風情を醸し出します。
  18. 梅雨明(つゆあけ)
    梅雨が明けること。夏の到来。空が晴れ渡り、夏の日差しが強くなるこの瞬間は、季節の変わり目を感じさせます。
  19. 梅雨穴(つゆあな)
    梅雨期間中に現れる晴れ間。突然の晴れ間が訪れると、空が一気に明るくなり、気分も晴れやかになります。
  20. 梅雨雷(つゆかみなり)
    梅雨時に発生する雷。雷鳴が轟く空は、自然の力強さを感じさせ、同時に雨が激しさを増します。
  21. 梅雨雲(つゆぐも)
    梅雨の期間に特有の、低く厚い雲。空全体を覆う重い雲は、雨が続く予感を抱かせます。
  22. 梅雨曇(つゆぐもり)
    梅雨に見られる曇りがちな天気。空がどんよりと曇り、雨が降り出しそうな空模様が続きます。
  23. 梅雨籠(つゆごもり)
    梅雨の間、屋内に籠もること。外出を控え、静かに過ごす日々が続くこの時期は、家の中での時間が大切に感じられます。
  24. 梅雨寒(つゆさむ)
    梅雨時に感じる肌寒さ。気温が下がり、肌寒さを感じることがあります。梅雨の湿気とともに冷たい空気が流れ込みます。
  25. 梅雨じめり(つゆじめり)
    梅雨の湿気やじめじめとした感じ。湿度が高く、じめじめとした空気が漂い、日常生活に影響を与えます。
  26. 梅雨空(つゆぞら)
    梅雨時特有の曇り空や雨模様の空。重い雲が空を覆い、雨が降り続く空模様は、梅雨ならではの風情を感じさせます。
  27. 梅雨出水(つゆでみず)
    梅雨による川の増水や洪水。雨が続くと川が増水し、自然の力を実感する時期です。
  28. 梅雨時(つゆどき)
    梅雨の期間を指す。しとしとと降り続く雨が続くこの時期は、梅雨特有の情緒を感じることができます。
  29. 梅雨鯰(つゆなまず)
    梅雨時に活発になるナマズ。ナマズが活発に動き出すこの時期は、自然の生き物たちの変化を感じられます。
  30. 梅雨晴る(つゆはる)
    梅雨が明けて晴れ間が見え始めること。長い雨の後に訪れる晴れ間は、心に安らぎをもたらします。
  31. 梅雨晴(つゆばれ)
    梅雨中の晴れ間。雨が一時的に止み、青空が顔を出す瞬間は、心が解放されるような爽快感をもたらします。
  32. 梅雨晴間(つゆはれま)
    梅雨の期間中に見られる一時的な晴れ間。突然の晴れ間が訪れると、空が一気に明るくなり、気分も晴れやかになります。
  33. 梅雨冷(つゆびえ)
    梅雨に感じる冷たさや肌寒さ。気温が下がり、肌寒さを感じることがあります。梅雨の湿気とともに冷たい空気が流れ込みます。
  34. 梅雨夕焼(つゆゆうやけ)
    梅雨の時期に見られる夕焼け。夕方の空が赤く染まり、日が沈む瞬間の美しさは、心に残る情景です。
  35. 出水(でみず)
    川の水が溢れること。または、梅雨による洪水。雨が続くと川が増水し、自然の力を実感する時期です。
  36. 虎が雨(とらがあめ)
    激しい雨。虎が吼えるような雨の音から。雷鳴が轟く激しい雨は、自然の力強さを感じさせます。
  37. 菜種梅雨(なたねづゆ)
    春先に見られる、菜の花が咲く頃の雨。春の訪れを感じさせるこの雨は、柔らかな季節の変わり目を告げます。
  38. 入梅(にゅうばい)
    梅雨の始まり。空がどんよりと曇り、しとしとと降り始める雨が、梅雨の到来を知らせます。
  39. 黴雨(ばいう)
    梅雨の湿気で物が黴(カビ)ることから。湿気が高く、物が黴やすいこの時期は、注意が必要です。
  40. 梅雨前線(ばいうぜんせん)
    梅雨をもたらす気象条件の前線。前線が南から北へと進むにつれ、雨が続く季節が訪れます。
  41. 梅霖(ばいりん)
    長く続く雨。しとしとと降り続く雨が、しっとりとした情緒を醸し出します。
  42. 走り梅雨(はしりづゆ)
    梅雨入り前の短い雨期。梅雨が始まる前の雨が、季節の変わり目を感じさせます。
  43. 旱梅雨(ひでりつゆ)
    雨が少ない梅雨。乾燥した空気とともに、植物たちは水を求めているかのようです。
  44. 前梅雨(まえづゆ)
    梅雨入り前の雨。梅雨の到来を予感させるこの雨は、季節の変わり目を感じさせます。
  45. 迎え梅雨(むかえづゆ)/迎へ梅雨(むかえづゆ)
    梅雨の始まりを迎える雨。空がどんよりと曇り、しとしとと降り始める雨が、梅雨の到来を知らせます。
  46. 戻り梅雨(もどりづゆ)
    梅雨明け後に再び訪れる雨。一度晴れた後に降るこの雨は、再び湿気を感じさせ、夏の訪れを少し遅らせるかのようです。

 

梅雨の季節は、一見すると湿気と雨に満ちた厳しい時期のように感じられるかもしれません。しかし、『梅雨』を表すこれらの美しい和風の言葉を通じて、季節の変わり目が持つ独特の美しさや情緒を改めて感じ取ることができます。雨がもたらす豊かな自然の恵みを感じながら、日本の梅雨を新たな視点で楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント